haskell-jp / random #55

ShouldBeAnInstanceOf はないのか... 技術的に難しいのかな。
@niszet0016 has joined the channel
この間の私のHaskell-jp Blogの記事のある意味での続きです。ご査収ください。 hask(_ _)eller
@flugel428 has joined the channel
@cynthia7engineer has joined the channel
@miau.jp has joined the channel
@jmsf0203 has joined the channel
https://typeclasses.com/phrasebook 今日のHaskell Weeklyから。
Go By Examplesにインスパイアされて、作られたチュートリアル。
これがOverlappingなインスタンスだったら、コンパイル通って実行時の謎バグになるのでHaskellこわい
↑私もレビューしました!
@tamuhey has joined the channel
GHC 8.8.1 rc1を試したいが、head.hackageを利用してもなお依存パッケージがビルドできないことが多いので、各所から修正済みの版を取ってくると同時に膨大なallow-newerを指定するcabal.projectの雛形を作りました。大変な作業だった… https://github.com/fumieval/vanguard-starter/blob/master/cabal.project
@nekmatar has joined the channel
THで生成したコードにHaddockコメントが入れられないという問題に対し、Haddock APIを使ったカスタム版Haddockを作って対処するという力技を模索中 https://gitlab.haskell.org/ghc/ghc/issues/5467
生成したいHaddockコメントを別ファイルに出力しておき、読み込んだ Interface を書き出す前に注入するイメージ http://hackage.haskell.org/package/haddock-api-2.22.0/docs/Documentation-Haddock.html
上記のチケットが対応されると単なる無駄骨になってしまうのがリスクなんですけど、当初7.Xで対応されるはずだったのに現段階で未対応なので、待てばいいのか突っ走ればいいのか判断に迷う案件なんですよねー
ついついこう書いてしまう。ここではかっこはいらないのに。

case x of
  [] -> ...
  (x : xs) -> ...
haddock-api、出力関係のAPIが軒並み非公開で出力に使えない疑惑がが。Haddock形式にするのはあきらめて、適当にmarkdownでも吐いて終わりにしようかな
去年と同様に、Haskell Symposium 2019の論文の、PDFへのリンク一覧を作りました。
https://gitlab.com/igrep/papers-notes/blob/master/2019-haskell-symposium.md
今年はなんとなく直リンではなく、ACM Digital Libraryにおけるページへのリンクにしておきました。
会員でなくてもリンク先からPDFのダウンロードができるはず。
線形型の話めっちゃあるかと思ったら、タイトル見る限り無さそう?
今日の失敗: 複数のスレッドから同じソケットでデータを送ろうとしてしまう(このような使い方をするにはMVarで覆っておく必要がある)
並列、並行性が絡むやつは等冪性を保証しておきたいですね。
入出力はアトミックでないことがほとんどなので、注意を怠らないようにしなくては
知らなかった。:cold_sweat: 古いHaskell界の慣習にとらわれていた... Control.Arrow moduleを私が使い出した頃にはData.Bifunctorはbaseにあっただろうに...
https://twitter.com/mod_poppo/status/1160187668363280384
fmapで最後の要素に触れるという小技も時々便利ですね
@t.miliya612 has joined the channel
stack 2.1.3 にしてから text-printer パッケージのビルドで止まるようになった……
止まるとは GHC が起動しっぱなしで特にエラーも吐かない。
stack 1.9.3 では同じ resolver でうまくいってたんだけどな
• stack: 2.1.3
• resolver: 12.22
• OS: Windows
• architecture: x64
https://functor.tokyo/blog/2019-08-15-pretty-simple-3.0.0.0
pretty-simple, 着々と進化していて素晴らしい
@transradial has joined the channel
Haskell Symposium 2019 の “Scoping Monadic Relational Database Queries” の related works に HRR 乗ってるけど日比野さんの名前がまちがってる
Key Hibino になってる
Alan Key みたいでかっこいいと思ったのは内緒。
もしかして: Alan Kay
あっ。(。>﹏<。)
@kh2yam1 has joined the channel
何名か ICFP 行くかと思うのでその連絡用に icfp 作りました
GHCではunsafe foreign callの最中はGCが起こらないことが保証されていますが、前段階としてスレッドを同期(世界を止める)するのは防げないので、一つのスレッドがファイルに書き込んでいる間他のスレッドまで停止してしまうというやっかいな現象に遭遇しました。この場合内部でsafeに呼び出す`openFileBlocking`を使うことで回避できました( http://hackage.haskell.org/package/base-4.12.0.0/docs/GHC-IO-Handle-FD.html#v:openFileBlocking )が、アロケーションをバリバリに絞ったコードでも同様の問題が発生しうるので注意が必要です
@rio.nagae has joined the channel
@kj1ktk has joined the channel
HIW 2019 https://icfp19.sigplan.org/home/hiw-2019 のLightning Talkで使ったスライドを共有させていただきます。
https://the.igreque.info/slides/2019-08-23-indexed-applicative.html#(1)
時間切れしたしうまく発表できませんでしたが一応。
Haskell初心者です。
どなたか下記3点のうちいずれか、または複数を一緒にオンラインで輪講しませんか?

■ Programming in Haskell (2nd ed.)
原書 https://www.amazon.co.jp/dp/1316626229
邦訳 https://www.lambdanote.com/blogs/news/haskell-2

■ Practical Haskell
https://www.amazon.co.jp/dp/1484244796

■ The Haskell School of Music
https://www.amazon.co.jp/dp/1108416756
私の環境からだと、リンク先がPage Not Foundになってしまいます:thinking_face:
ああー、デプロイミスってる…:scream: Netlifyのせいだ…:sweat:
ご指摘ありがとうございます。今日本に帰るところなんで、空港に着いて時間があったら直します。
Netlifyのmergeしたら自動でデプロイするのなんとかならんのか…
これで直ったはずです。